Blog&column
ブログ・コラム

車買取と走行距離との関係性とは?

query_builder 2020/11/21
コラム
5be97f0bdcea7
車買取価格には走行距離が関係しているのをご存知ですか?もちろん走行距離が全てではありませんが、車買取価格に大きく関わっています。
車を売却する際は、自分の車の走行距離を把握しておくことが重要になります。その理由は、走行距離によっては車を買い取ってもらえないこともあるからです。
そこで今回は、車買取と走行距離との関係性について解説していきます。

▼走行距離が5万㎞未満
最も高値で買い取りをしてもらえるのが、走行距離が5㎞未満の車です。車の寿命は走行距離10万㎞と言われているので、5㎞未満であればまだまだ需要が高いのです。
購入から3~5年程度だと走行距離が5万㎞未満のことが多いので、車を売却するならこの時期がベストだと言えるでしょう。

▼走行距離が5~10万km
走行距離が5万㎞を過ぎると、だんだん買取額が下がってきます。これは、最も需要がある走行距離5万㎞未満の車の在庫が豊富なので、わざわざ寿命が短い車を購入する人が少ないためです。
全く値段が付かないわけではないですが、5万㎞が1つの区切りになるので高く売りたい方は意識するとよいでしょう。

▼走行距離が10万㎞以上
車の寿命は走行距離10万㎞と言われています。そのため、走行距離が10万㎞を過ぎたものは買い手がなかなか見つかりません。
このような車を買い取ってくれる業者も少ないので、慎重に業者を選ぶ必要があります。

▼まとめ
車を高く売りたいのであれば、走行距離が5万㎞未満のときがベストです。
車を売却したいとお考えの方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

NEW

  • こんにちは!助成金活用していますか???

    query_builder 2022/04/20
  • こんにちは!

    query_builder 2022/04/20
  • 福岡県に緊急事態宣言発令!!

    query_builder 2021/01/14
  • 相続について‼️

    query_builder 2020/10/14
  • 今、車の買取依頼急増‼️

    query_builder 2020/10/10

CATEGORY

ARCHIVE